イメージ

コーヒーの摂取量を無理なく減らす

コーヒを飲むと、心が癒され、気持ちの切り替えもできたりと良い効果をもたらせてくれます。
しかし飲み過ぎるとコーヒーに含まれるカフェインが体内に支障をきたしてしまう事もあります。
これからコーヒーの摂取量を減らしていきたいと考える人や、妊娠などで控えたいという人が、無理なく飲む量を減らす方法はあるのでしょうか。
カフェインからの影響には、貧血や自律神経を乱す、ホルモンに影響を与えてビタミンやミネラルの吸収を妨げるなどがあげられます。
特に女性の場合は、生理前のイライラにも影響がでてきます。
まずは自分が一日に何杯くらいのコーヒーを飲んでいるのか把握することが大切です。
紙に書き出し、目に見えるようにするのは有効的です。書き出してみると、意外な結果に気づくことができます。
だからといって飲み過ぎていた事に気づいて一気にやめようとするのは、ストレスを溜めてしまうので逆効果です。
コーヒーを毎日多く飲んでいる人こそ、ゆっくりと減らしていくことが重要とも言えます。
カフェインの摂取量を控えるのに、コーヒーをアレンジしていく方法もあります。
例えばコーヒー豆の量をいつもの半量にし、もう半量にココアパウダーを入れて牛乳で割ればモカになります。
牛乳によって満腹感があるので思わずおかわりしてしまう習慣も減らせます。
どうしてもコーヒーが飲みたいという衝動が起こった時には、カフェインレスコーヒーを上手に取り入れ、無理をしないのが続けられるポイントです。
コーヒーの摂取に気を付けていても、うっかりコーヒー以外のカフェイン入の飲み物を飲んでいる事もあるので摂取量には注意が必要です。
例えばコーラや緑茶などの飲み物は摂取量を加減し、なるべくカフェインレスのハーブティーやフレッシュジュースなどを選ぶようにします。
口さみしさを紛らわすように飲んでいたコーヒーの摂取が自然と減り、今まで気が付かなかったカフェインレスの飲み物の美味しさも再発見できます。
コーヒーの飲み方が変わると、1杯ずつゆっくりと丁寧に淹れられるようになり、改めてコーヒーがもたらしてくれるリラックスタイムを実感できます。
カフェインの摂取量が減ると、体調の変化は一目瞭然で、睡眠の質が良くなっていることに気が付きます。
スッキリとした毎日が送れ、悩んでいたイライラや頭痛をもだんだんと和らいでいきます。
この体の良好な変化に、コーヒーを無謀に摂取していくことはなくなっていけたら大成功とも言えます。