イメージ

二日酔いの解消にコーヒーが効果発揮!

お酒を飲んだ後にコーヒーを飲むとスッキリした気分になりますが、コーヒーを飲む事は二日酔い解消のために優れた飲み物なのです。 近年ではコーヒーからの様々な効果も認められていますが、コーヒーに含まれているカフェインからの作用が、二日酔い解消に効果を発揮してくれます。
アルコールはストレスなどで収縮した血管を拡張し、気分を高揚させるのでストレス解消にもなります。しかし過剰摂取すれば、二日酔いの症状を引き起こし、仕事やその日にやるべき事があったりすると、前日に飲み過ぎた自分に後悔してしまいます。
血管の拡張が長引くと炎症を起こし、頭痛の原因にもなります。。
神経を刺激した時に二日酔い独特のズキズキした頭痛が起こるのですが、コーヒーに含まれているカフェインには血管収縮作用があります。
実は無水カフェインは頭痛薬にも使われています。無水カフェインはコーヒーのカフェインには多く含まれています。
別の効能では、毎晩ビールを1本飲むという人を対象にした研究結果があります。コーヒーを全く飲まないという人よりも、毎日コーヒーを3杯以上飲むという人の方が、良好な肝機能を持っているという研究結果です。
良好な肝機能であれば、アルコールの代謝率は上がり、二日酔いになりにくい体質を作れるということです。
コーヒーが二日酔いの予防や解消のために効果があるといっても、お酒を飲み過ぎた時にコーヒーを飲めばすぐに治る!と過信してしまってはいけません。コーヒーの過剰摂取になってしまっては、体への負担が大きくなる可能性があります。
一度に大量のコーヒーを飲めば刺激も強く、胃を痛めてしまったり、動悸が激しくなる危険性や、判断力を鈍くしてしまうという研究結果もあります。
二日酔いで弱った胃腸には、ミルクや砂糖を多めに入れて甘いミルクコーヒーにして飲むと良いでしょう。肝臓の疲労回復には糖分も必要なのです。
二日酔いの時に寒気を感じる方もいます。温かいコーヒーを飲めば、体温の低下も抑えてくれるだけでなく、リラックス効果もあるので、二日酔いのツラさから解消に近づけてくれます。
コーヒーを飲むタイミングにも注意が必要で、夜にお酒を飲んで眠りに就く頃コーヒーを飲めば、睡眠の質も悪くなってしまいます。睡眠の質が悪ければ、翌日眠気に悩まされる事になりかねません。
やはり二日酔いにならない程度のお酒の飲み方を心に留めておきたいものです。お酒を飲む時には合間に水を飲んだり、飲みながら食事もきちんと摂ることも必要です。
二日酔いに効く飲み物や食べ物の噂話はよく聞く事がありますが、実際、医学的には効果が認められないというような噂もあります。長年の研究によってコーヒーに含まれるカフェインには、二日酔い解消の効果は証明されています。
コーヒーは効果だけを鵜呑みにして過剰摂取はせず、気分の切り替えやリラックスすると共に、お酒とも上手に付き合えたらいいものです。