イメージ

コーヒーの目覚め効果を最大限に生かす時間帯!

ベットの中からなかなか起き上がれないとき、まずはコーヒーを飲んで眠気をスッキリさせたいと思う事は多いかと思います。
すでに毎日の日課になっている方も多いのではないでしょうか。
起きがけの1杯のコーヒーは眠い頭もスッキリ!と思いがちですが、実は朝の起きがけの時間帯は、飲む時間帯によっては毎日の目覚めのリズムに悪影響を与えてしまうこともあるんです。
体内時計とよく聞きますが、人間が体を目覚めさせるホルモンは、朝の8時から9時くらいの間に活発に大量分泌されます。
これは、人間が不快な事があった時に分泌される事から「ストレスホルモン」とも呼ばれているのですが、”コルチゾール”という名のホルモンです。
起床後に人間が活動できるように、体温や心拍、血圧や血糖値を上昇させ、体内の準備活動を調整してくれています。
逆に睡眠時には、体に寝る準備ができているとコルチゾールが認識すれば、睡眠に誘導するといった、体内時計に大きく関わってくるホルモンです。
コルチゾールは起床の3時間程前には徐々に分泌し始め、目覚めのタイミングで大量に分泌されて覚醒レベルがピークに達します。
コルチゾールの覚醒効果はピークからおよそ1~2時間持続します。
体を自然と目覚めさせるホルモンが働いている朝の8時から9時くらい、目覚めもしくは出勤の時間帯にコーヒーを飲むのが習慣化されている人は、この時間帯に毎日コーヒーを飲めば飲むほど体に耐性が付いてしまうので、コーヒーに含まれるカフェインからの覚醒効果が発揮されないままになってしまう可能性があります。
朝起きた時にコーヒーを飲んだのに、なんだかスッキリしないという人は、このような生活習慣があるのかもしれません。
眠気がスッキリしないからといってコーヒーを何杯も飲むといった習慣が付いてしまえば、コーヒーの過剰摂取になり、胃などを痛めやすいので飲む時間帯を改めてみるといいでしょう。
眠い時には、ついコーヒーに頼って立て続け何杯も飲んでしまいがちですが、カフェインからの目覚まし効果を最大限に発揮するには、コーヒーを飲むのは1時間に1杯までと決めておくと良いでしょう。
そうすることで胃への負担も軽減されます。
カフェインは脳の神経を刺激し、興奮作用も働きますが、過剰な常飲は体に耐性がつき、どんどんカフェインからの目覚め効果は鈍くなってしまいます。
実は、コルチゾールが大量に分泌され、覚醒レベルの高い時間帯は朝だけではありません。
朝の8時~9時の他は、昼の12時~13時、午後は17時半~18時半の時間帯です。
休日や出勤時間の変化で起床時間が変わっても、目覚めた時から1時間後くらいまでは、コルチゾール量は50%も増加しているのです。
ではコーヒーは何時くらいに飲むと目覚まし効果を活かせるのでしょうか。。
午前中であれば、朝9時半~11時半の間に飲むのがベストとも言えます。
コルチゾールレベルはこの時間帯に下降を続けていて、カフェインからの目覚まし効果は高く、なんと8~14時間も持続効力があります。
昼食を摂った後も眠気が襲ってきたりもしますが、午後であれば13時半~17時までの時間帯もオススメです。
カフェインの効果を感じるまでには10~30分程かかりますから、飲み始めるタイミングも大切です。
持続効果を考えれば、夕方以降にコーヒーを飲むと、就寝時の睡眠の質が悪くなり、翌朝の目覚めがさらに悪くなってしまいますから、17時頃までに留めておくといいでしょう。
朝の寝起き後にすぐコーヒーを飲むという習慣でなく、まずは新鮮な水で水分補給をたっぷり摂って体内を目覚めさせ、仕事に就いている人ならば職場に着いた後コーヒーでひと息つく。
というような生活リズムを作りたいものです。
しかし就業開始時間ギリギリに職場に飛び込むようではコーヒータイムさえも作れませんから、朝の時間に余裕が持てるようにしたいものです。